バスタオルの糸くずが気になるときの対処

バスタオルもおろしたばかりのものだと体や顔を拭いた時に少し糸くずが付く事があります。

これもすぐに収まるのですが、生地の質によってはくずが出やすいものもありますし、質は良くても長く使って洗濯をしていく中で糸がほつれやすくなってくずが出てくることがあります。どんなタオルでも糸が出てきてしまうのはありえることなので、あまり神経質になりすぎないのもポイントです。

新品のバスタオルであれば、数回洗濯すれば落ち着いてきて糸くずも出なくなってきます。ようやく落ち着いてきたと思った頃にまたポロリと糸くずが付いてくると驚くと思いますが、洗濯をする時に柔軟剤を使うことが多い場合には出やすくなることがあります。

これはなぜかと言うと、主な成分が界面活性剤でできているので他の洗濯物と洗っていると余計に摩擦ができやすくなるためくずができやすくなるのです。ふんわりとした手触りを出したいときに柔軟剤を使うわけですが、タオルの洗濯をする時に使うのであれば単独で洗ったり、柔軟剤を使いすぎないようにする工夫をすると良いでしょう。

ネットに入れたりたっぷりの水を使って洗うのもよいでしょう。気になる時にはバスタオルの種類を見てみましょう。シャーリングや起毛、無撚糸やあまり糸を撚っていないようなものだとくずが出やすいです。購入前になるべく確認しておくことでもくずが発生する量を減らす事ができるので、いろんなバスタオルを見ながら選んで使ってみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *