タオルの正しい洗い方とは

きちんと洗濯したはずなのに嫌なにおいが発生したり、ふわふわだったのにごわごわになってしまったりと、タオルの扱いについて悩んだことがある人は多いでしょう。

タオルはお手入れの仕方次第で寿命が変わり、気になる嫌なにおいも防ぐことができるのです。タオルを気持ちよく長持ちさせるためには、正しい扱い方を知ることが大切です。まずタオルをはじめて使う時には、一度洗濯をして、水通しをしてから使うとよいでしょう。水通しをすることは、吸水性をアップさせるという目的だけでなく、製造過程で含まれた細かいほこりや糸くずを除去することができます。店舗で販売されていたものの場合には、手触りを確かめようと多くの人が触っている可能性もあります。

また、製造過程で繊維が切れないように糸にのりをつけておるため、そのノリが残って付着している場合もあります。水を全く吸わないというわけでもありませんが、直接体に触れるものであるため、初めて使う場合は洗って清潔な状態で使いたいものです。洗い方としては、たっぷりの水で泳がせるように洗うのがおすすめです。

近年、販売されている洗濯機は、節水タイプのものが増えてきています。ドラム式の洗濯機は少量の水でたたきつけるように洗うので、つぶれてしまうことになります。そのためすぐにへたってしまったり、毛羽落ちしてしまう可能性も高くなります。ドラム式の洗濯機を使っている家庭では、タオルを洗う時に水を多めにするモードにして洗うとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *