日用品として欠かせないタオル

タオルは暮らしに欠かせない日用品です。

毎朝、顔を洗った後、それが無ければ濡れた顔を乾燥させられません。洗面所の側に置いておけば、毎朝楽に顔の水分を拭き取れます。またトイレを利用した後は手を洗わなければいけません。手を洗面所などで洗った後も、タオルがあると便利です。濡れたままTシャツ等で水を拭いてしまう方もいますが、それでは衛生的な問題があります。お風呂に入った後は普通の製品よりも、バスタオルを利用した方が良いでしょう。

普通サイズの製品でも、工夫すれば全身の水分を拭き取れます。しかし、サイズが小さいと、大柄な男性の場合、窮屈な形になります。一方でバス用の製品なら本体のサイズが長方形型です。サイズも大きいため、全身を使ってガンガン水分を拭き取れます。ふかふかとした触り具合があり、普通サイズの物より毛の長さがあるため、全身の水分を効率よく吸収してくれます。日用品として毎日使う製品は、普通サイズの物、バス用共に利用するたびに洗濯しなければいけません。

消費者の多くが毎日洗濯しないと話していますが、それではいささか不衛生です。水分を含んだタオルを濡れたまま放置すると、雑菌が繁殖したり、カビが発生する等、健康に害を及ぼすリスクが出てます。毎日、利用したタオルは洗濯機で洗いましょう。洗った後は出来る限り早く、お日様に当てて乾燥させましょう。乾燥機を使うよりも、日光に当てた乾燥の方が良いです。太陽光には殺菌効果がありますし、乾燥機を使うよりもリーズナブルです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *