タオルがふわふわになる干し方とは

お気に入りのタオルはいつまでもふわふわな柔らかい状態を保ちたいものです。

ふわふわにするためには洗い方も重要ですが、じつは干し方も重要なのです。ふわふわにする干し方の一つめに、乾燥機を使う方法が挙げられます。特にドラム式洗濯機を使っている過程では、乾燥機を使用することが最も効果的な方法だといえます。乾燥機の場合はふんわりと乾かすことができるので、仕上がりがふわふわになります。タオルを乾かすためにすべて乾燥機を使うのはもったいないという場合には、最初に乾燥機で半分程度を乾かして、そのあとに外に干すという方法でもよいでしょう。

干し方の二つ目には、干す時にバサバサと振るという方法が挙げられます。干す前にタオルの両端を持って、バンバンと思い切り振りおろしてみましょう。これにより繊維に空気がたくさん送られるので、乾いた時にふわふわに仕上がっています。表側を5回、裏側にし5回振りおろしてみると、かなり柔らかくなることでしょう。

タオルは長時間紫外線に当たっていると、繊維が傷み、バサバサになってしまいます。特に夏場の直射日光は避け、日陰に干した方がよいでしょう。夏場であれば数時間で乾いてしまうので、乾いたらすぐに取り込むようにしましょう。洗濯物が乾きにくい冬であっても、紫外線は当たっているため、乾いたら素早く取り込むことがおすすめです。これらの干し方に注意するだけで、タオルの寿命は随分と変わってくることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *