自分にあったタオルを選ぶ

タオルを購入するときにどうしても高いものがいいと思いがちです。

しかし、高ければいいというものではありません。どれを購入するか決めるときには、自分に合ったものを選ぶことが重要です。例えば、ホテル仕様の分厚いタオルは高級で使い勝手もいいと思われがちです。確かに手触りなどはとてもいいかもしれません。こういったものが好みの方はもちろん使って構いません。しかし、欠点もあります。分厚いため洗濯した後や、お風呂を出てバスタオルとして使った後、乾きにくいのです。

家族が大勢いて何枚も洗わなければならない場合、分厚いものを使ってしまうとそれだけで一回洗濯機を回さなければならなくなってかなりの手間になります。つまり、用途に応じて使い分ければいいのです。家族が多くて洗濯物が増えると困る場合、また、一人暮らしでも手早く洗濯を済ませたい方は薄めのタオルを選ぶと便利です。薄めの物なら場所を取らないので、しまっておく場所も省スペースですみます。

薄めのものは厚手のものに比べて値段もお手頃な場合が多いので、ダメになってしまった時には気軽に買い替えることもできます。梅雨の時期など、洗ってもどことなくかび臭さが取れないこともありますので、できればすぐに変えられるものの方がありがたい時もあります。高級なタオルだからいいわけではなく、自分に合ったものを使うのも大事なのです。売り場に行ったら高いものばかりを見るのではなく、使いやすさの視点で選んでみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *