フェイスタオルの選び方

フェイスタオルを選ぶときには素材や吸水性のよさ、耐久性がポイントになります。

まず手触りや吸水性は使う素材によって違い、通販だと実際に触れることが出来ませんが、素材を確認しておくことで大体のことがイメージできます。日本人にとっても一番身近な素材は綿で、フェイスタオルにもよく使われていて柔らかくて肌触りもよいので拘っている人も少なくありません。

価格と肌触りのバランスもよいです。日本製でも綿は輸入していることもあるので、素材から拘って作られている綿100%のタオルがおすすめです。他にフェイスタオルだとガーゼもあります。

通気性に優れていて、こまめに洗ってもすぐに乾くので清潔感を保ちやすいです。夏にはさらりと快適な使い心地がよく、空気を取り込んで暖かい素材とも言われているため冬に使ってもよいです。

ナチュラル志向だと麻があります。インテリアでもリネンを選ぶ人は多く、麻素材のタオルだと水を吸ってもさらりと快適で、湿気を保ちにくいためさっぱりとした使い心地です。

近年、注目されはじめたのが吸水性や速乾性に優れているマイクロファイバーです。ポリエステルなどの化学線維で出来ていて、吸水性が大変高くさっと水気を吸収してくれます。

速乾性も優れていて洗濯してもすぐに乾くので梅雨の時期など乾きにくい季節には嬉しい素材です。肌に押し付けるようにするだけで水気を吸い取るので、肌を擦る必要もなく負担を少なく使えるのも嬉しいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *